本文へスキップ

地域でのボランティア演舞や大会への参加など石川県内外で幅広く楽しく活動しています。

ご挨拶aisatsu

残暑見舞い



残暑お見舞い申し上げます
立秋を過ぎても厳しい暑さが続いておりますが、
皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
SUN跳芽が再結成をして3年が経ちました。
多くの行事に参加し、多くの方に出会いました。
貴重な思い出であり、財産です。
応援してくださる皆様に感謝申し上げます。
暑い夏が過ぎてもSUN跳芽の熱は冷めません。
これからもイベント演舞がありますので、
引き続き応援を宜しくお願い申し上げます。
まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。
平成二十八年 晩夏

御礼(第19回よさこいとやまを終えて)



第19回よさこいとやまにおいて、「優秀賞 睦」を受賞いたしました。このような素晴らしい結果をもたらすことができたのも、ご支援いただいた皆々様のお力と深く感謝申し上げます。

今年に入って、振り落としを始めて7ヶ月間、あっという間に過ぎ去りました。新たな曲に新たな踊り、そして新たな衣装作りなどにと様々な苦労がありました。それが形となって現れたこの大会で、チーム一同大変嬉しく思っています。このメンバーで踊れたこと本当に大切な思い出となりました。今後、まだまだイベント演舞がありますので、引き続きの応援をよろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、毎回のように応援に駆けつけてくださる方々に感謝申し上げます。皆々様方の益々のご健勝と御祈念申し上げまして、お礼の言葉とさせて戴きます。

平成29年8月吉日
西金沢SUN跳芽 代表・チーム一同

暑中見舞い



暑中お見舞い申し上げます
毎日厳しい暑さが続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか
暑さはこれからが本番です
どうかくれぐれもご自愛下さい

平成二十九年 盛夏

御礼(第21回能登よさこい祭りを終えて)



第21回能登よさこい祭りにおいて、初出場にして「特別賞 能登和っちゃ賞」を受賞いたしました。このような素晴らしい結果をもたらすことができたのも、ご支援いただいた皆々様のお力と深く感謝申し上げます。

今年のテーマは『輝く大地 響け鼓動』。これからも鳴子の音とともに私たちの熱い鼓動を響かせていきたいと思います。今後とも引き続きの応援をよろしくお願い申し上げます。

最後に皆々様方の益々のご健勝と御祈念申し上げまして、お礼の言葉とさせて戴きます。

平成29年6月
西金沢SUN跳芽 代表・チーム一同

新年のご挨拶



〜謹賀新年〜
良き新年をお迎えのことと存じます。
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年もメンバー一同、皆様に楽しんでもらえる演舞をしていきますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成29年 元旦

年末のご挨拶



「年末のご挨拶」
早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
新たなメンバーを加え、今年も県外での大会に参加し、地域での行事にも参加させていただき、とても充実した一年でした。
来年も更なる発展、飛躍に向けて、より一層のご支援を賜りますよう、チームメンバー一同心よりお願い申し上げます。
尚、来年の練習開始は2月からとなり、詳細が決定次第お知らせさせて頂きます。

時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
来年も相変わらずのご愛顧をお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。
良き年をお過ごしください。

チームメンバー一同

解散のご挨拶

皆様へ

2013年12月31日をもって、「西金沢SUN跳芽」の活動を休止する運びとなりました。
11年間、皆様の温かい応援をいただき、感謝の念でいっぱいです。
多くの方々のご声援により、2012年、念願としていた地元百万石会場での大賞・支部大賞、年間グランプリを受賞し、さらに2013年も同様に受賞。2年連続の受賞を成し得ることができました。
また、見知らぬ人たちとたくさん出会い、歩み、チームのメンバーとして一丸となれたこと感動できたことは、メンバーの人生の中で貴重な「宝」です。
チームに携わってくださった方々はこれまでもこれからも西金沢SUN跳芽の一員です。
このホームページは、西金沢SUN跳芽の記録として残します。
何かの機会に西金沢SUN跳芽を思い出し、このホームページを訪れていただけると嬉しいです。
最後になりましたが、突然のご報告になった方々がいることに対しお詫びいたします。
いつかまた、どこかでお会いできることを楽しみにしています。
11年間、本当に本当にありがとうございました。

2013年12月吉日
チーム一同&管理人

管理人の挨拶

西金沢SUN跳芽は今年で11年目を迎えます。
昨年は10周年を迎え、10年目にして年間グランプリをいただきました。
これも多くの方々に応援をいた、おかげです。
今年も新たなSUN跳芽を目指し、邁進していきます。
今後ともご声援よろしくお願いします。

平成25年1月21日
ホームページ管理人 こうちゃん

管理人の挨拶

西金沢SUN跳芽は今年で8年目を迎えます。
今年の6月には再び北海道の地に立ちます。このホームページを通して西金沢SUN跳芽の魅力を広めていけたらと思います。
今後とも応援よろしくお願いします。

平成22年5月4日
ホームページ管理人  こーちゃん

代表の挨拶

挨拶のほう遅くなりましたが、今年から新しく代表になりました横井です。
まだまだヨサコイ歴が浅いので分からない事や至らない事がありご迷惑をおかけすることになると思いますが、新米だと思って温かい目で見てやってください。
今年はこれまでにないSUN跳芽を出していきたいと思いますので、皆様のご協力宜しくお願いします。
以上簡単ではございますが代表の挨拶とさせていただきます。

平成21年5月2日
代表  横井 克浩

管理人の挨拶

日頃は皆さまの熱い応援に感謝しています。西金沢SUN跳芽は7年目を迎えることができたのは、その支えがあってのことです。
さて、ホームページを開設して2年が経ちました。ここでさらに西金沢SUN跳芽を知っていただきファンをどんどん増やしていけたらという思いで管理させていただいています。
今後もさらに西金沢SUN跳芽の新鮮な一面や楽しい姿を皆さまにご覧いただきたいと思います。個人で提供していただける写真がございましたら、いつでもお知らせください。順次、掲載していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

平成21年8月1日
ホームページ管理人  こーちゃん

代表の挨拶

【春の舞ひろさかを終えて】
皆様のご声援を賜りまして、とても楽しく演舞できました。また、2008年度のチームオリジナル曲・演舞をご披露できとても嬉しく思います。これから一年、一つひとつステップアップし、成長してまいりたいと思います。

平成20年4月27日
西金沢SUN跳芽代表   山本 孝一

代表の挨拶

【新春初踊りを終えて】
今年初めての演舞ということで、とても楽しく踊ることができました。1部での演舞は「The 日本海&北國新聞」(2007)、「パワー」(2008年度総踊り曲)、「ファンタジック☆ソーラン」(2007チームオリジナル曲)をコラボレーションさせ、今までにないSUN跳芽ワールドを展開できたのではかいかと思います。次のイベントでは、2008年度の演舞をお披露目できたらと思います。

平成20年2月10日
西金沢SUN跳芽代表   山本 孝一

代表の挨拶

【謹賀新年―年頭のご挨拶―】
新年明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって、より善き年になりますようご祈願申し上げます。
旧年中は我チームに対し多くのご支援、さらにはご鞭撻を賜り、感謝している次第であります。各大会でファイナル進出をし、上位を目指せと毎年意気込んでおります。今年もさらなる上を目指して、邁進してまいりたいと思います。
本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

平成20年1月1日
西金沢SUN跳芽代表   山本 孝一

代表の挨拶

【今年一年無事終えるにあたって】
皆様、今年一年間大変お疲れ様でした。皆様のご協力や、頑張りのお陰で今年一年無事終了することができました。この場をお借りいたしまして、厚く御礼申し上げます。
今年はYOSAKOIソーラン祭り、本場の北海道で演舞することからすべてが始まりました。北海道に到着するや否や、ソーランナイトに参加し、どのチームよりも先に北海道のステージに立ちました。チームとしての初ステージは、旧北海道庁での演舞でスタートしました。休む間もなく、次の会場に向かうため、地下鉄での移動は大変でした。ジュニア大会では、石川での演舞以上に、「SUN跳芽フェアリーズ」のみんなが輝いていたことは今でも、印象に残っています。私は口上とともにステージの上で見ていましたが、どのジュニアも思いっきり踊っており、気迫はどこのチームに負けてはいないと感じました。8丁目のステージ会場でも、それぞれ個性あふれる演舞でした。ジュニアの皆様、本当にお疲れ様でした。最終日には、チームの演舞終了後に、「The 日本海&北國新聞」のファイナル進出の知らせを聞き、最後の最後に北海道のステージで踊れることになったことは、大変嬉しく思いました。
北海道での演舞が終われば、翌月からは、一ヵ月おきの大会が待っていました。各大会でファイナルに進出でき、加賀大会では「9位(優良賞)」、百万石会場のジュニア大会では、「大賞」を受賞し、2連覇を成し遂げました。おめでとうございます。チームとしては「12位(優秀賞)」、のと大会では「6位(優秀賞)」を獲得しました。本祭では「6位(優秀賞)」、また、サポーターをはじめ多くの方々の協力のおかげをもちまして「大旗賞」受賞、さらには「大衆賞」をいただくことができました。どうもありがとうございます。そして、先月行われたトーナメントでは「優秀賞」、「年間パーフェクト賞」をいただき、年間総合順位では昨年と同様ではありましたが、7位となりました。来年は、今年の結果を生かし、さらに踊りに磨きをかけ、旗・大道具もさらに思考をこらしていきたいと考えています。
今年、地方のお手伝いをしてくれた方々、サポーター、ジュニアのお父さん、お母さん方々、「西金沢SUN跳芽」を支えてくださった皆様には、心から御礼申し上げます。
これからも、「西金沢SUN跳芽」をどうぞよろしくお願いします。

平成19年12月15日
西金沢SUN跳芽代表   山本 孝一

代表の挨拶

【御礼】
去る、11月25日、トーナメント大会において我チームは「優秀賞」をいただき、年間パーフェクト賞、並びに年間7位をいただくことができました。
この場を借りて、お礼申し上げます。
来年も、御愛顧変わらず、西金沢SUN跳芽をどうぞよろしくお願い致します。

平成19年12月1日
西金沢SUN跳芽代表   山本 孝一

代表の挨拶

【新代表からのあいさつ】
この度、西金沢SUN跳芽の代表に就任いたしました、山本孝一です。
西金沢SUN跳芽は来年で6年目に入ります。
これも今まで西金沢SUN跳芽を支えてくださっている皆様のおかげです。
どうもありがとうございます。
私は、今から4年前に西金沢SUN跳芽に出会い、ピンチヒッター旗手として新春初踊りでデビューいたしました。
その時は、右も左もわからず、自分のなすべきことで手いっぱいでした。
それ以後、西金沢SUN跳芽で振ることになりました。
この4年で多くの人に出会い、貴重な思い出もたくさんできました。
これまでの思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡っています。

チームとして、昨年は、北海道から始まり本祭まで休む間もなく、駆け足で様々なイベントに参加してきました。
新しい出会いや、感動などたくさん思い出もできました。
本場の北海道で演舞できる喜び、そして西金沢SUN跳芽のメンバーが桜隊として「The 日本海&北國新聞」で一緒に演舞でき、感無量の思いです。
みんなで一つのものを作る難しさや、達成できた時の喜びは表現できないほどでした。
北海道のステージに立てたことは本当に貴重な体験となりました。
チームにも刺激になったことは間違いありません。
百万石会場で行われたジュニア大会では大賞をいただき、2連覇を達成できました。
応援していただいたことに、重ねてお礼申し上げます。

このホームページを通して、さらに西金沢SUN跳芽を知ってもらい、好きになってもらいたいと思います。
これからは様々なエネルギーを吸収し“SUN跳芽色”を大切にし、アピールしてまいります。
そして今後も、様々なイベントに参加していきます。
皆様の熱いご声援をどうぞ、よろしくお願い致します。

平成19年10月
西金沢SUN跳芽代表   山本 孝一

ご挨拶

◆◇◆YOSAKOIソーラン祭り参加して◆◇◆
2007年6月8〜11日、北海道で行われる「YOSAKOIソーラン祭り」に参加してきました。多くの皆様からご声援を頂き思い切って演舞できました。チーム、そして私も大きく成長することができました。この経験を生かしてこれからもYOSAKOIを盛り上げ楽しんで行きたいと思います。
どうもありがとうございました。

2007年6月17日
こーちゃん&チーム一同

ご挨拶

◆◇◆YOSAKOIソーラン祭り参加にあたり一言◆◇◆
この度、“西金沢SUN跳芽”そして“SUN跳芽フェアリーズ”が今年の6月に北海道で行われる「YOSAKOIソーラン祭り」の参加が決定いたしました。これも日頃、皆様のご支援があってこそだと思います。この場を借りて御礼申し上げます。
さて、チームの念願でありました北海道への参加は大変喜ばしいことであり、チーム一同感激しています。
年を重ねるごとに総合順位も伸び北海道で踊れたらいいな、と口々に言っていたのですが今年それが現実となり、いつもにまして練習が大変になってきました。しかし北海道で踊れることは大変貴重なことであり、楽しんで踊れるよう一生懸命練習しています。YOSAKOIの原点であろう、“楽しむ”ことを忘れず踊り子、旗手、そして客様に楽しんでもらえるようこれからも頑張って行きたいと思います。
今後とも“西金沢SUN跳芽”、並びに“SUN跳芽フェアリーズ”をよろしくお願いいたします。

2007年3月27日
こーちゃん&チーム一同

西金沢SUN跳芽


TEL

inserted by FC2 system